メイキング動画 #1 (再投稿)

お知らせが大変遅れてしまいました。

 

約2年前に投稿し、私の不手際により削除されてしまった イラストメイキング動画の第一回。

YouTubeに改めて投稿しました。

 

メイキングの内容は変わりませんが、再編集し、

4:3から16:9サイズに。サムネイルとリンクは少し手を加えています。

 

またご視聴頂けたら嬉しいです。頂いたコメントにはできる限りご返信します。

0 コメント

c92「久米画展」お疲れ様でした。

コミックマーケット92。夏コミ。お疲れさまでした。

今回、私は2日目に 久米田康冶先生作品アンソロジー「久米画展」の作家側として参加させて頂きました。

体調が万全ではありませんでしたので、ビックサイトには向かえなかったのですが、

なんと、開場から1時間で完売となったそうです。その現場に居たかった…。

 

そして先程、その「久米画展」を手にとって読むことが出来ました。

カラーとモノクロの2冊組み。

一言で表すと、「愛が…重い…」。

重すぎて重すぎて、涙があふれました。もちろん感動的な意味でです。泣きました…。

 

参加された方の中には、私が小学生当時「絶望先生」の単行本の巻末イラストコーナーでよくお見かけしていた方もいらっしゃって、恐れ多く、初めての同人活動で反省すべき点も多々ありましたが、参加させて頂けて本当によい経験となりました。ありがとうございました。

 

まだいろいろ綴りたいことがありますが、一度〆ます。

↑これでも日塔奈美ちゃん(普通)なんですよ…手癖で描くとこうなるんですよ

0 コメント

YouTubeでの動画削除について

突然のことでビックリした方も多いと思います。

何より私がビックリしています。

 

順を追ってご説明させて頂きます。

 

 

昨晩、私はたまたま、YouTubeで作成した自分のイラストメイキング動画のプレイリストを観ました。

そうしたら、どういうことか、全く身に覚えがないことが起きていました。

 

私が一番最初に投稿していた、一番再生回数と高評価が多かった、

「鬼の女の子」の動画が削除されていました。

 

それはそれは驚いて、クリエイターツールなど、

直ぐにどうしてこうなってしまったのか調べたところ、

他の動画で、音声(音楽)の著作権に違反しているとされている動画が3件見つかりました。

そのうちの1件の動画は、

13もの音声が著作権に違反している、いくつかの国と地域などでブロックされている、など

とにかく多くの違反行為がされている動画、とみなされていました。

 

こういった違反を3回ほど放っておくと、動画の削除、またアカウント削除を

YouTubeの運営様側がする、との第1の答えとして出ました。

 

また、不正ログインをした端末(iPhone)があることが分かりました。

その端末から私のアカウントを乗っ取り、削除された、というのが

可能性としての第2の答えでした。

 

 

第2の答えについては、あまり確信はありませんが、パスワードの変更などで応急処置をしました。

 

例の動画3件につきましては、どれも「音声(音楽)の著作権違反」となっていましたので、

動画を残すためには、音声の部分を無音に、もしくは音楽の差し替えなどで対処できるようでしたが、

色々考えた末、その3件の動画は 自分の手で削除致しました。

 

そうしたところ、消えかかっていた「#2」のメイキング動画の復帰が完了しました。

 

強制的に削除されてしまった最初(#1)の動画、

それに3件の動画。

 

こちらにコメントを送って下さったり、何度も視聴していただいたり、評価をつけて下さった方々。

本当に申し訳ありませんでした。

同時に、

ご視聴頂き、本当にありがとうございました。

 

「#1」は、とても思い入れのある動画でしたので、ショックが大きいですが、

これから状況が落ち着いて来たら、再投稿という形にはなりますが、また観れるようにしたいと思っています。

 

他3件の動画については、残念ですが今のところは、再投稿はしないつもりでいます。

理由は「ちゃんと描けていない」というのが本音です。

そういうものの為に、皆さんの大切な時間を取ってしまうと考えると、大変心苦しいのです。

 

 

…といった所でしょうか。

まだショックがあるので文面がまた読みにくいものになっていましたら、申し訳ございません。

 

これからはこのような事態にならないよう、十分気を付けてまいります。

 

また、今回の件で 様々なことを調べて下さった方がいらっしゃいます。

その方のお蔭もありまして、復帰することができました。

本当にありがとうございました、

 

 

 

今後とも、「magのYouTubeチャンネル」を 宜しくお願い致します。

 

mag

 

0 コメント